マーケティング

動画でマーケティングを始めるべき5つの理由

こんにちは、動プロの田中です。「5Gは動画の時代だ」というのは最近よく聞くフレーズではないでしょうか。一方で「それはわかるけど、ビジネスにどう活用するの?」という疑問をお持ちの方も多いかと思います。

例えば、オウンドメディア、いわゆる記事SEOは書けば書くほどにWeb上の露出が増えて、アクセス数≒売上の増加が目に見えてわかりやすく、投資する価値を十分に理解しやすいです。しかし一方で、動画は視聴数が増加したとて、売り上げには直結しないのではないか?と思い込んでしまいがちです。

では、ここまで動画がマーケティングに有利だ、と言われる所以はどこにあるのでしょうか。
今回は実際に未来への兆しをご紹介しながら、御社が今すぐに動画マーケティングを始める理由をご紹介いたします。

1.動画はブランドを長く記憶させる

商品やサービス、自社のことを丁寧に紹介するとき、一番気になるのは「それがどれだけ心に響いているか」「覚えてもらえる情報だったか」という点ではないでしょうか。Hubspot社の研究では、記事コンテンツ(文字情報)は、読後に内容の10%しか覚えていられないのに対し、動画であれば80%のユーザーが先月見た動画を覚えていられると回答しました。
おそらく皆さんも、「テレビで紹介されていたお店」は、なんとなく覚えているのではないでしょうか。

2.Youtubeはすでに2番手の検索エンジンになっている

世界を見ると、Googleに次いでYoutubeは二番目に利用されやすい検索エンジンとなっています。何か疑問に思うことが発生すると、Youtubeで検索する方も多いということです。例えば、料理のレシピや整理整頓のノウハウなどは文字で見るよりも動画の方がわかりやすい。

しかし、Youtubeの動画供給数はまだ少なく、悩みを解決するために必要な情報を的確に取得できない場合も。また、従来文字のコンテンツでは表現しきれなかった情報を必要とされているケースもあります。動画で見ると心に響きやすいけど、口で伝えるとわかりにくいものを探してみると、動画運用のヒントが見つかるはずです。

3.動画は共有されやすい

TwitterやInstagramで動画が流れてくると、ついつい目で追ってしまうことも多いのではないでしょうか。アメリカのアンケートでは、48%の人々は、他の種類のコンテンツよりも先に、ビデオコンテンツを友人と共有する可能性が最も高いと答えています。(出典

動画をSNSの投稿に組み込んでおくだけで、平均して6倍程度のアクション(いいね、リツイートなど)を獲得できるという研究結果もあります。もちろん、ただバズればいいというわけではありませんが、動画をシェアしてもらうことは運用側にとっては大きな達成感を得られやすいものです。

4.動画を埋め込んだコンテンツは数倍SEO効果が高い

アメリカの動画ソリューションを提供するMoovlyによると動画を埋め込んだコンテンツはSEO効果が53倍高いという指摘があります。YoutubeはGoogleが運営しているという大人の事情も背景にはありますが、動画を埋め込むことによって平均的なサイトでの滞在時間が伸びやすいというアルゴリズムに基づいているものと予想されています。

記事を複数回リライトしたり、構造化マークアップなど、いわゆるSEO対策と呼ばれるものは数多く存在しますが、同じ労力をかけてコンテンツをリッチにしていくならYoutubeを併用していくことをお勧めいたします。

5.マルチメディアがスタンダードになりつつある

SNSやオウンドメディアによるインバウンドマーケティング手法はかなり一般化していますが、全てのメディアを並列に運用することが求められるようになってきました。しかしながら、そのほとんどはテキストコンテンツです。

テキストは自らのペースで読めるというメリットがある一方で、スマホに合わせた短い動画編集技法が確立されたことにより、テキストよりも伝える情報が短時間で多いというメリットを生み出しています。

動画のアイデアは実は無限にある

ここまでお読みいただき、おそらく動画マーケティング始めるにあたって興味を持たれたのではないでしょうか。でも「実際に動画を始めるアイデアがよくわからない!」という場合も多いかと思います。ここで、いわゆる一般的なyoutube動画をまとめてみましたのでご紹介いたします。ざっとアイデアを出しただけでも、動画のアイデアには以下のようなものがあります。

  • ユーザーのレビューまとめ
  • 商品レビュー
  • Webセミナー
  • インタビュー
  • イベント
  • カルチャービデオ
  • 社長や社内のvlog
  • 製品やサービスのデモ
  • 研修動画
  • 社内資料を活用したスライドショーのプレゼン
  • お客様の声
  • 公共サービスのお知らせ
  • 短いInstagramまたはVineビデオ
  • 対談
  • ストーリー仕立てのドラマ・アニメ

また、Youtubeチャンネルにおいては、「サザエさん」のようにいつも同じ展開をしていることも重要です。テレビ番組がテーマに沿って同じ展開を繰り返す理由は、「安心感」だと言われています。いつ見ても楽しめることの方が、新鮮さよりもずっと求められているというわけです。

この視点からすると、同じテーマで繰り返し動画をアップロードし続ければ良いわけですから、アイデアよりも継続力が大事になってきます。繰り返します、尖ったアイデアよりも同じテーマの動画を継続してアップロードすることが重要だと言えるでしょう。

動プロでは、動画作成を簡単に行うサービスを展開[PR]

当社動画編集サービス”動プロ”では、手持ちの素材だけで動画を編集・制作するサービスを提供しています。1本¥33,000という低単価で制作させていただいておりますので、お気軽にご用命ください。
撮影が不要なため、気軽に素材をポンと渡していただければ納品させていただきます。

素材の例
  • パワーポイントファイル
  • 社内勉強会資料
  • インタビュー映像・画像
  • 研修画像/録画映像
  • 過去の社内レクの映像
  • 納品事例のスライド

また、Youtube動画であれば1本¥17,600から編集しております。